イギリスの病院でのアロマセラピー

JUGEMテーマ:健康

イギリスでアロマセラピーが広まり始めたのは1960年代のこと。

美容やヘルスケアの一つとして紹介され、
人気を得ていったアロマセラピーは、

1980年代に入ると、看護師が病院内で行う補完療法として
導入されるようになりました。

一人ひとりの看護師やセラピストの工夫により、
今では、緩和ケア、終末期医療などにおいて、
アロマセラピーを活用する病院やホスピスが増えました。

多くのアロマセラピストが携わる分野に発展した補完療法は、
患者さんのQOLを向上させ、生きる強さを取り戻すサポートとして
そのニーズは今後もますます高まると期待されています。

私たちセラピストは治療目的でもなく、会話によるカウンセリングでもなく、
「タッチング」というサポートにより、
患者さんの心と身体に寄り添います。

イギリスの病院で何十年と活動してきたセラピストは、
出会う人を圧倒させるような、愛に満ちています。

学ぶべきことが多いイギリスの補完療法を
IMSIでは、日本での活動に照らしながら、
より実践的な内容でお伝えしています。

補完療法としてのアロマセラピーを学ぶなら、
IMSIへご相談ください。
 

〜英国アロマセラピー資格取得と世界のセラピーを学ぶ〜

自然療法の国際総合学院IMSI

http://www.imsi.co.jp/

✉: info@imsi.co.jp ☎: 0120-458-234

0
    コメント
    コメントする








       

    PROFILE

    THE INTERNATIONAL MEDICAL SPA INSTITUTE

    BACK NUMBER

    CATEGORIES

    ARCHIVES

    CALENDAR

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    SEARCH THIS SITE

    MOBILE

    qrcode

    OTHERS